HOME > 横浜市町内会連合会 > 組織説明

横浜市町内会連合会

横浜市町内会連合会(市連会)について

横浜市町内会連合会は、市内の各区連合町内会相互の連絡を密にし、地域社会の振興・発展を図ることを目的とし、18区の連合町内会の代表者で構成しています。
自治会町内会は、多くの世帯が参加し、住民の親睦や地域活動を行う市内の代表的な住民組織です。昭和36年6月に市の連合会が設立されたのを機に、行政区ごとに区連合町内会、地区ごとに地区連合町内会が結成されています。

平成28年4月1日現在
会員(市民)
1,236,212世帯
市内全世帯の74.8%が加入
自治会町内会
2,867団体
町・丁目・字等を単位として趣旨に賛同する住民を会員として構成
地区連合町内会
252団体
おおむね中学校通学区程度を単位として地区内の自治会町内会により構成
区連合町内会
18区
行政区単位に地区連合町内会長により構成
市町内会連合会
1団体
区連合町内会長18名で構成