HOME > 組織体系 > 区連合町内会

組織体系

市内で組織されている2800の自治会町内会では、地域の段階によって連合組織があります。1つの町内会では難しい活動や市域的な活動を推進しています。

区連合町内会(区連会)について

横浜市内には、18の区連合町内会があります。
区連合町内会は、区内の地区連合町内会長で構成され、地区連合町内会相互の情報交換や区連合町内会自らが自主的な活動を行う一方、区役所など行政との情報交換などを行っています。また、学校や警察、企業と連携し、広域的な問題に積極的に活動しています。
行政からの情報提供や依頼事項のほとんどは、区連合町内会を通じ、地区連合町内会に加入する自治会町内会へ伝達されます。

区連合町内会の主な活動(活動例)

photo ・会議(定例会議、臨時会議)の開催
  定例会 年間10回から12回
・研修会の開催
・懇談会の開催
・広報誌発行(自治会町内会ハンドブック、加入のしおり 等)
・陳情等の活動
・各種協賛事業(区民まつり 等)
・各種専門部事業活動(婦人部・交通部・防犯部等の会議)